ひのき建築工房安城の家

Stop

Play

デザインコンセプト

居心地よい場所と流動的な空間のつながり、その他、視線の抜ける方向を考えながら設計をはじめました。
居間の周りには、ちょこっと座れる場所があります。 小上がりの茶の間の縁、カウンタのあるPCコーナー、それから階段など・・・一日の時間の流れの中で人が居心地を求めて移動していきます。
吹抜けの中に階段をつくり、折りたたまれたワンルームを視覚的にも、空間的にもつなげ、
部屋の窓から庭を介して自分の家が見えたり、隣の部屋を抜けて外の景色が見えたり、 視線の距離を長くして奥行きのある室内を演出しています。
どこにいっても2箇所以上、外の風景を取り込める家になっています

安城の家施工例

安城の家施工例

建具を動かすことで開放的な居間から少し閉ざされ、落ち着いた空間へと変える事ができます

安城の家施工例

共用の間からの見おろしで、居間のソファーに座る人、 階段を上がって来る人にとてもよい距離感を作っています。
カベのスピーカーから音楽が流れ出すと、家の中が、カフェさながらの雰囲気になります。

安城の家施工例

主寝室には梁を利用したロフトを作りました。 床板が天井になる踏み床天井という手法です。
天窓からの光を届けるために少しスキマを空けています。